古いゲームの処分

ファミコンでよく遊んだスーパーマリオやドラえもん!

ファミコン

 

私が初めて買ってもらったテレビゲームはファミコンでした。

 

今から30年前、当時は小学生で友達の家で遊んだのが面白くて私もどうしても欲しくなり、親を説得したり駄々をこねたりしてどうにかクリスマスにプレゼントしてもらいました。

 

昔のファミコンは白地に赤のワンポイントで、子供心にも未来的でかっこいいデザインだと興奮しました。一緒に買ってもらったソフトは友達の家でもやったスーパーマリオです。当然のように最初のクリボーにやられまくりましたが、次はもっと先まで進んでやる!と燃えて何度も何度も遊びました。

 

もう一つ思い出深いのがドラえもんです。これも誕生日にもらったのだと思いますが、この頃になると友達といろんなソフトを貸し借りしてかなり遊びこんでいました。

 

ドラえもんはアクションにシューティングの要素もあるような冒険ゲームです。ドラえもんが好きだった私は大長編が舞台になったストーリーも出てくるたくさんの道具も楽しくてこれも繰り返し遊びました。思えば昔はゲームソフト一本でずいぶん長い間遊んでいましたよね。

 

 

これらの夢中に遊んだゲームも数年後にはスーファミで遊ぶようになったために箱にしまいっぱなしになってしまいました。人と貸し借りしてなくしてしまったものもありましたが、それでも残ったものは思い出として処分せず家で大切に保管していました。

 

ですが結婚のために引っ越しする時に、まとめてレトロゲーム好きの友人にあげてしまったのでもう今は手元にありません。やはりゲームも遊んでくれる人のところにあった方がいいかなと思ったのです。

 

でも最近になって中古店などに行った時に、たくさん並んでいる子供の時に欲しかったソフトを見ているとまた遊びたいなぁと思ってしまいます。